病院からお葬式の前まで

お葬式の流れとして、最初に訪れるのが、亡くなってしまうという状況でしょう。この状況から落ち着いて対処することは大変難しいはずです。病院では、看護師が身体を清めたうえで安置所に移動することになります。自宅では、主治医を呼ぶなどして死亡を判断してもらわなければいけません。そのうえで、死亡診断書を受け取ることになりますが、そのまま退院の準備をしなければいけなくなります。もちろん、入院費の支払いに関することも確認することになるでしょう。非常につらい瞬間ではありますが、現実的な対応を求められます。

次に葬儀社を手配しなければいけません。ここではじめて手配するのが一般的ですが、どこに連絡するのがいいのか判断もつかないことがあるはずです。事前相談をしておけば、こうした事態を避けることもできます。病院で紹介してもらうこともできますが、できれば自分たちで探しておいた方が、希望に沿ったお葬式にすることができるでしょう。連絡を入れれば、すぐに車両の手配を始めてくれますので、やはり事前に相談がポイントになってきます。なぜならば、一体どこに移動するのかといった問題も出てくるからです。

現実的な部分ですが、病院では長時間案とはできないと考えなければいけません。自宅に安置できるような場合であればそこまで困ることがありませんが、安置室を利用しなければいけないようなときには、ここで打ち合わせもしなければいけません。費用に関する現金の用意もあることを考えると、どこに依頼したらいいのかといったことは、大きな意味を持つことになるでしょう。

安置する場所が決まれば、枕飾りなども用意することになります。専用の安置室があれば、ドライアイスなども心配することがありません。自宅の場合には、布団の用意なども考えなければいけませんし、棺が入るかどうか、出棺できる状況になるかも判断が必要です。夏場では冷房の調節ができるかどうかも重要なポイントになります。面会時間が限定されてしまうような場合もありますので、できれば先に計画をしておく方がいいでしょう。