いざというときにお葬式で困らない流れと知識

お葬式になったときには慌てないように

お葬式になったときには慌てないように お葬式というものは、できればおこないたくないものです。ですが、現実的にはそうはいかないことがほとんどでしょう。手順といったことは、ある程度理解しておくことが必要になってきます。亡くなった当日は、気も動転してしまいますし、なかなか落ち着いて打ち合わせしたりすることもできないのが当然です。現在では、亡くなってしまう前に打ち合わせをすることも珍しいことではなくなりました。逆に流れをうまく作れなかったり、打ち合わせもできなかったりするよりは、落ち着いて話もできることから、増えてきている方法です。故人としても、その方が喜ばれるといったことも多いでしょう。それほど亡くなられてしまうという状況は、多くの問題を抱えてしまうからです。

大事なことは、落ち着いて行動することでが、そうは言っていられないのは当然です。危篤の連絡をするとしても、一体どこまでするべきかといったことも出てきてしまいます。これが大きな問題になりやすく、最後に立ち会えなかったとずっと言われてしまうようなことも起きかねません。だからといって、大勢で病院に駆けつけるといったことも避けるべきでしょう。ここで注意しておくべきポイントは3親等が線引きといわれています。ややこしく考えてしまう部分ではありますが、曾祖父母、ひまご、おじ、おば、おい、めいまでが当たりますので、ここまでは連絡しておけば角が立ちません。もちろん、その配偶者も同等の扱いです。あとは関係性を考慮していくべきですが、これでもかなりの範囲となってくるでしょう。

もしも、連絡がつかなかった時には、留守電や伝言を頼むことになります。自分の名前はもちろんですが、関係と危篤になっている状況、現在の居場所と、連絡先及び注意点を伝えておくことが重要です。簡潔に伝えることがポイントになってきますので、余計な話を付け加えないというのも考えておかなければいけません。これだけでも伝えることができれば、手が空き次第、折り返し連絡がくるなり、駆けつけてくれるようになるでしょう。

お葬式になるというのは、こうした状況の中で対応を考えていかなければいけません。知識を持っているのかどうかというだけでも、大きな違いになってくるでしょう。知らなかったではあとあと後悔することも出てきます。間に合わないといったこともあるのですから、お組織の知識は、いざというときに困らないよう、普段からしっかりと身につけておくことが大切です。

最新記事